先天性の脳動静脈奇形を早めに気づくために病院で調べる

自覚症状がない

腫瘍摘出にかかる費用

聴神経腫瘍とは、聴神経の周りにあるシュワン細胞から発生する良性の脳腫瘍です。良性ですから心配ないと考える人もいますが、ゆっくりとしたスピードで成長し聴力の低下などの症状を引き起こします。腫瘍ができている側の聴力だけが低下するので両耳で聞いている分には症状を自覚できない場合もあり、腫瘍のできている方の耳で電話をとったときなどに症状を自覚する人が多いです。聴神経腫瘍に対する治療は基本的に手術により摘出してしまうというものです。ガンマナイフを使った治療もありますが根本的な治療として手術が一番多く行われています。手術を行いますと10日から2週間の入院が必要となります。手術と入院によりかかる費用は100万円ほどといわれていますが、高額療養費制度をすることで負担を減らすことができます。

聴神経腫瘍治療の歴史

聴神経腫瘍ができた場合の治療法としては先ほども述べましたが、手術とガンマナイフを利用した方法があります。手術による治療は以前までは大きく開頭して行うものがありましたが、現在では多くが腫瘍がある側を上にし耳の後ろの皮膚を切開しておこなわれます。この方法では傷が目立ちにくく小さな傷で済みます。しかし最近では内視鏡の技術が進化し鼻から手術を行う方法もあります。現在でも聴神経腫瘍を根治するために行われる治療法が手術によるものですが、神経が入り組んでいる部分であるために一定のリスクがつきものです。そのために腫瘍の大きさが小さなものの場合には現在ではガンマナイフなどの放射線が使われています。放射線を利用した治療はまだまだ歴史が浅いものですが一定の成果を上げており、腫瘍を小さきすることができるとされています。