飲食店の売上げの成り立ち方

売上げがなかなかあがらないといお悩みの方は、まずどのような方法でお客さんを呼べばよいのかを考えてみてください。当然のことではありますが、お客さんがこなければ売上げはあがりません。 多くのお客さんに来店してもらうためには、どのような方法があるのかご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

売上げを上げるには、リピーターを増やそう

繁盛しているお店というのは、リピーターの多い店です。一度来たお客さんが二度とこないような店では売上げの向上は見込めません。何度も行きたいと思ってもらうことが出来るようなお店というのは、それだけ魅力的なお店ということです。ここでは、リピーターの多い店作りのヒントをまとめています。

WEBの活用は必要不可欠

インターネットが普及している現代社会では、どんな情報でもまずはWEBで検索するというのがメジャーになっています。そんな時代ですので、選ばれる飲食店になるためにはWEB上での存在感というのが非常に重要です。どのようにWEBを活用していけば良いのか、みていきます。

売上げを上げるためには、どんな方法で集客をすれば良いのか?

飲食店の売上げを上げたいと考えたときに、まず理解しなければいけないのが売上はどのように成り立っているのかということです。売上げがどのように作られているかということをきちんと理解できていれば、どのように動いていけばよいのかということが見えてきます。
売上げというのは単純に客単価×客数です。年間の売上げを考えるのであればそれにリピート数を掛けます。
つまり、売上げを上げるためには売上げを作っているこの3つの要素の数字をあげるしかないということです。
売上げが悪く、何とかしてあげようとした時に、どうしてもどうやってより多くのお客さんを呼ぶかという集客の面のみに考えがいってしまいがちです。ですが、実際にはそれだけではなかなか売上げは上がっていきません。
客単価を上げる、つまり来てくれたお客さんにいかにより多くのお金を使ってもらうかということも同じように大切です。
そしてまたリピート回数を上げる、つまり一度来てくれたお客さんが何度も期間をあけずに来てくれるように魅力的なお店を作るかということも大切なのです。
3つのポイントのうち、一番難しいのは客数を増やすということです。新しいお客さんを呼ぶということはとても労力も時間もかかることです。ですが、客単価とリピート回数を上げるということは一度来てくれたお客さまに対してどう満足度を上げるかにかかっているので、客数を増やすよりは簡単です。
売上げが客数と客単価、そしてリピート回数の3つで成り立っているからにはこの3つの要素を全てのばすことによってより簡単に、効果的に売上げを上げることができるのだということを理解しておかなければなりません。

▲ TOPへ戻る