先天性の脳動静脈奇形を早めに気づくために病院で調べる

病院を利用する

脳動静脈奇形とはどんな病気

脳動静脈奇形とは聞きなれない言葉かもしれませんが、先天性の疾患です。胎児のときに分かれるべき動脈と静脈が一部で絡まったようになり、脳内に血管の大きな塊が出来ている状態となります。先天性と言っても遺伝性はなく、たまたま起こる奇形の一つです。仮に脳動静脈奇形があったとしても、無症状で70年以上も過ごす人もおり、気づかずに生活している人も多いものです。しかし、脳動静脈奇形は周りの毛細血管を巻き込んで塊を形成していることから、異常な量の血液が流れており、ひとたび破れてしまうことがあると、脳内出血やくも膜下出血につながってしまいます。脳動静脈奇形が破裂してしまうかどうかは予測が不可能で、年齢を重ねるうちに出血率は上がると言われています。

少しでも気になることがあれば検査を受けて発見することが大切

脳動静脈奇形に気づく一番のきっかけは実は脳内出血です。出血の部位によっては命に関わるので、注意が必要です。慢性的に頭痛、吐き気がある場合やてんかん発作を持っている場合には、脳動静脈奇形の存在があることもあるので、気になる症状がある場合は脳神経外科などで一度詳しく診てもらいましょう。万が一、脳動静脈奇形が見つかった場合の治療は主に外科除去手術が適用されます。現在では開頭手術を必要としないカテーテルを使用した血管内治療やガンマナイフ治療も選択肢の一つとしてあります。脳動静脈奇形は特に若い人の脳内出血の主な原因の一つと言われていますし、年齢を重ねるうちに動脈硬化などが相まって出血のきっかけとなります。生まれ持ったものですが、見つかった場合は早急に医師と治療の相談をするようにしましょう。

現代病の骨粗鬆症

カルシウム不足などによって引き起こる骨粗鬆症は現代人には多く見られます。また、インターネットサイトではセルフチェックが行えるサイトもあるため一度試してみると良いでしょう。

» readmore

最新の記事

がんを予防する

がんの種類に十二指腸がんが一つに挙げられますが、原因は不明とされています。しかし、生活習慣を改善することでがんは予防することも出来るものだと考えられます。また、ストレスを溜め込まないことも重要といえます。

自覚症状がない

聴神経腫瘍は、腫瘍が大きくなることで聴力の低下があります。また、ほとんど自覚症状がなく電話など片耳を使用する場合に気づくこともあるでしょう。早めに腫瘍を取り除くことで改善することが出来ます。

↑ PAGE TOP